ペット火葬後の飼い主の心理【ペットロスへの対処法】

知っておこうペット火葬の種類とマナーについて

ペット火葬のマナーを覚えるには検定コンテンツを活用しよう

ペットの存在は人間と同等な域にまで達しています。そのため、ペット火葬においても厳粛なマナーやルールが設けられつつあります。ペットやその飼い主との関係性をより良いものにするため、事前に学んでおくと良いでしょう。

私はネット上の検定コンテンツを利用してペット火葬のマナーを覚えました(20代/女性)

ペットの葬儀に関するルールやマナーは、厳粛に設けられていないとは言え失礼のないように振る舞いたいと思い、ネット上の検定コンテンツで勉強しました。簡単な質問に対して、〇か×を選択していくだけなので難しく考えずに挑めました。解説も詳しくて分かりやすく、いざという時の知識として使えそうです。現在の理解度は90%と平均よりも高いスコアで安心しました。

ネット上ではペット葬儀専門会社や、ペットロスに詳しい専門家が監修しているので、すぐに実に付く知識ばかりです。ペットと飼い主、その関係者であれば一度は目を通しておきましょう。

飼い主がペットロスになっている時の対処法

「ペットロス」はペットを飼う上で、うまく付き合っていかなければならない心理状態です。我が子や家族のように過ごしたペットが亡くなってしまう、想像以上に辛く悲しい気持ちとなります。ペットロスかも、そう思った時は次のような対処法を試してみて下さい。

ペットロスを克服する対処法

ペットが亡くなってしまった悲しさで、食事や睡眠に支障をきたす恐れがありますが、無理に行動を起こそうとせず可能な限り体を休めて下さい。また、泣きたいだけ泣くことも大事です。感情を開放する中でペットとの思い出に浸り、自然と現実を受け入れることができます。次で紹介する対処法を行なうと、自然と気持ちの整理がつきます。

  • ペットの愛用品を整理する。(専用BOXに保管する)
  • お墓を作る・墓参りをする。
  • ペットの写真をアルバムにする。(フォトフレームに飾る)
骨壷

最初は気力がわかず、行動に移るまで時間がかかることもありますが、必ず悲しみが癒える日は訪れます。一生に一度の出会いを悲しみで閉ざしてしまわないように、愛しいペットの冥福を祈り前を向けるように日々を過ごしましょう。

TOPボタン