花や餌の準備がおすすめ【ペット火葬の必需品】

知っておこうペット火葬の種類とマナーについて

ペット火葬の参列者必見!当日持っていく物とは?

通常、葬儀の際は香典を用意しますが、ペット火葬の場合はどうなのでしょうか?人間と同様に香典を包む必要があるのか、また何か特別な用意があるのか調べてみました。

ペット火葬の香典について

ペット火葬に参列するときも香典は必要ですか?
基本的に、香典を用意する必要はありません。服装と同様に厳粛なルールがないので、どうしても用意したいのであれば、心付け程度の額を包み飼い主へ渡してあげましょう。香典の代わりとして、ペットが生前好んでいた食物や花を用意することをオススメします。
お花の種類は菊ですか?
花に関しても厳粛なルールはありません。可能であれば、飼い主のリクエストに沿いアレンジメントしてあげてはいかがでしょうか。花を用意する際は、淡いカラーでまとめ切り花にすると良いでしょう。最近では、ペットの葬儀用にフラワーアレンジメントしてくれる専門店もあります。ガーベラやカーネーション、もしくは猫草になっている燕麦(エンバク)でも喜ばれるかもしれません。

ペット火葬に持っていくお花

花

ペットの葬儀で備えるフラワーアレンジメントは、高価なものよりも色合いにこだわって選ぶことをオススメします。価格帯としては、3,000円~4,000円の間でも十分キレイな仕上りになります。アレンジメントであれば小さくまとめ、切り花であれば花束にして用意しておけば、どのような葬儀場でも備えることができます。大きすぎたり、派手すぎないように花屋にリクエストをしておけば安心でしょう。

ペット火葬を依頼する際は、予期せぬタイミングであることが多く、花を用意するのに手間取ることもあります。そのような場合は、葬儀会社や専門店に依頼して手配しておけば滞りなく弔いが行なえます。献花にも厳粛なルールはありません。価格や花の種類を重視するより、ペットを弔う気持ちを忘れずに参列して供養することが大事です。

TOPボタン